幻灯劇場

記事一覧(16)

幻灯劇場第八回公演 ミルユメコリオ

2019年 8月9日-12日作・演出 藤井颯太郎物語平均年齢79.4歳。少子高齢化が来るとこまで来てしまった町・オワリ。町にただ一人残る10代の少女・夢子は、母親と花屋を営みながら行方不明になった父親が帰ってくるのを待っている。生物学者の父は「ミルメコリオ」を探しにアフリカで消息を絶ったのだと母に聞かされ育った夢子だが、本当のところ父は、自分と母親を捨て東京の女と蒸発したのだという真実を知っていた。店を継がされ身動きができなくなる前に、夢子は東京へ父親を探しにいく。が、東京で夢子は映画監督にスカウト、映画の主役に大抜擢され…。幻灯劇場の第一作目となった「ミルユメコリオ」少女の夢が芽生え、潰えるまでの数年間を描いた本作は、当時18歳の藤井颯太郎によって書き下ろされ、2014年に宝塚で初演。その二年後、藤井は本作で、全国のプロデューサーが選ぶ異色の文学賞「せんだい短編戯曲賞」を史上最年少の若さで受賞。新人賞ではない戯曲賞を20歳の藤井が受賞したことで、大きな話題になりました。幻灯劇場の代表作を、舞台美術家野村善文とタッグを組み、6年ぶりに藤井颯太郎本人の演出によって上演します。日時2019年8月9日(金)から12日(月・祝)まで七ステージ会場京都市東山青少年活動センター(京都市東山区清水5丁目130番地の6)出演夢子 小野桃子非常口イソグ 藤井颯太郎駅長 本城祐哉ママ 橘カレン スタッフ演出助手/今井聖菜 美術/野村善文衣裳/杉山沙織 音響/岩谷紗希 照明/野村善文 写真/松本真依制作/城野佑弥 谷風作 石原口大樹 戸根亮太 鳩川七海制作協力/黒澤たける