藤井颯太郎 ・これまでのWS

ここでは藤井颯太郎が行ったこれまでのWSについて書いて行きます。

現在日本では二種類の意味でWS(ワークショップ)が使われることが多いです。

  1. 参加して技術をもらって帰る体験講習としてのワークショップ
  2. 商品化を目的とせず実験的に作品をつくってみるワークショップ

藤井颯太郎のWSでは双方の良い面を取り入れることを目標にしています。自分が持っている演出や俳優としての知識や技術などを共有しながら、一つのテーマについて参加者との話し合いを通じ、藤井自身が経験したことの無い新しい試みに参加者達と挑戦します。


栗東文化芸術会館SAKIRA主催
「劇団をつくろう」(2017年)

18歳から65歳まで、幅広い年齢層の25名の演劇未経験者と劇団を作り一か月間のWSを経て旗揚げ公演を行うというWS。しりとりや鬼ごっこやじゃんけんなど、よく知られるゲームを用いながら、わかりやすく「表現的演技」と「存在的演技」の技法に触れ、演技とはなんなのか参加者と話し合いました。ゲームを土台に演劇を組み立て行くことを条件に、二つの劇団がそれぞれ作品を製作。最終日には①あっさり劇団 による『濃厚赤頭巾』②花のようなあたしたち による『ベルサイユの豚バラ』を上演した。

後日、このWSから生まれたアイディアは『56db』という作品になり2か国5都市(大邱・名古屋・京都・神戸・仙台)で上演されました。


U30支援プログラム主催
Gento-École WS
『発声します。』(2017年)

演劇経験者(特に学生~30代)を対象としたWS。声を「呼吸」「発声」「共鳴」の3段階に分類し、受講者の身体に向き合っていくかなり専門的WS。喉の筋肉を温める、緩める、息をコントロールする、響かせる場所を変える、チェンジポイントを隠す、などを順に行っていく。


全国学生演劇祭特別企画WS
「リアクションダンス」(2018)

舞台経験者に向けて、基礎的な技術・創作の為のヒントを持ち帰ってもらう為のWS。身体が発するメッセージと言葉が発するメッセージとの間に距離を置いていく「肉体と言語の分離」を行うワーク。『言葉でしか語ることがでない領域』と『身体でしか語ることのできない領域』について参加者と話しあい、その双方の特性を理解した上で作品を作っていく。


その他

劇団わらび座時代に行った中学生や海外の研修生新社会人へ向けた民族舞踊のWS

東山青少年活動センターが主催するビギナーズユニットの演技の講師

劇団衛星が行った泊りがけで小学生の子供たちと作品を作るWSなどの講師も経験あり。


藤井颯太郎のプロフィールへ戻る。

幻灯劇場 PAST WORK

0コメント

  • 1000 / 1000